民団新聞

社会・地域 内容

掲載日 : [2018-06-13 15:08:00]   照会数 : 137

「ヘイトスピーチ対策法」補完へ条例を

 公共施設におけるヘイトスピーチを制度的に防止するための「ガイドライン」を今年3月に施行したにもかかわらず、川崎市が極右団体に教育文化会館の使用許可を出してしまったことが最近大きな問題となった。

「オール川崎」で

 ヘイトスピーチの根絶に向けて精力的に取り組んできた「『ヘイトスピーチを許さない』川崎市民ネットワーク」は即座に福田紀彦川崎市長に対し、許可の取り消しを要望した。が、市側は「不許可の要件に合致していない」として使用許可の判断を変えなかった。

 民団もこれを問題視し5月30日、川崎支部(朴容正支団長)、神奈川県本部(李順載団長)、中央本部人権擁護委員会(李根茁委員長)の連名で市長宛の申入書を市民文化局長に手渡し再検討を促した。その上で「少なくともガイドラインを踏まえて、第三者機関の判断を仰ぐべきだ」と迫ったが、局長からの明言はなく「最後まで情報を収集して検討する」との答弁に留まった。

 加えて6月1日には、川崎市日韓親善協会(斎藤文夫会長・田中和徳会長代行)が「使用許可は人権擁護の立場から極めて軽率」と指弾する抗議文を市長に宛てている。

 結局、使用許可が翻ることなく迎えた3日当日、ヘイトスピーチに反対する数百人の川崎市民らは「ヘイトスピーチ問題を考える会」を自称する極右団体の集会が始まる1時間以上も前から教育文化会館前に集まり、「レイシスト帰れ!」のシュプレヒコールを一斉に連呼し、対峙に備えた。やがて集会主催者らが現れると体を張ったもみ合いとなり、最終的に講演予定者が入館できなかったことから集会は延期となった。正に「オール川崎」の苦い勝利である。

不可思議な許可

 川崎市のガイドラインは、正式には「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律に基づく『公の施設』利用許可に関するガイドライン」と言い、その目的には2016年に制定されたヘイトスピーチ対策法が定める地方公共団体の努めに基づき「公の施設における不当な差別的言動を制度的に防止する」とうたわれている。

 今回の集会の中心人物がここ数年来、悪辣なヘイトスピーチを繰り返し行っている者であることは報道や本人のブログ上の発言などから明らかである。これをガイドラインの目的に照らせば、彼らへの施設使用許可はあり得ないことであり、むしろ施行後、初の不許可集会として前例を作れたはずであった。

 他方、集会と同じ会館と時間帯、小学生に数学の楽しさを知ってもらおうとして企画された川崎青年会議所(JC)による200人規模のイベントが一度は中止の決断を余儀なくされた(他施設に変更)という実害が生じた点も見逃せない。

 しかしながら、この2つを突きつけられてもなお「不許可の要件に合致していない」とする判断は、それ以前の川崎市を知る者にとっては理解に苦しむものである。

市の善後策期待

 思えば、80年代の外登法における指紋押捺撤廃運動や90年代の公務員採用における国籍条項撤廃運動の先頭に立った川崎市は、ヘイトスピーチ根絶に向けても地域住民に寄り添い多文化共生をめざす自治体だったはずである。その川崎市が今回、自らが策定したガイドラインに反し、何故このような不可思議な許可を出すに至ったのか。

 これについては、窓口のミスで出してしまった許可を後で取り消した場合の反発に上層部の腰が引けたという憶測さえ生まれている。川崎市は今回の許可を率直に誤りと認め、ガイドラインの今後の運用について改めて説明することで汚名をすすぐべきではないか。

 集会が阻止された6月3日は、奇しくも対策法の施行から2周年の日であった。罰則のない対策法を補完する地方条例の早期制定とそれに基づくヘイトスピーチの着実な規制、および対策法そのもののバージョンアップが切実に求められている今、川崎市が取るであろう善後策に期待したい。
(孫成吉生活局長)

(2018.06.13 民団新聞)

社会・地域 リスト

  [total : 13414] ( 1 / 384 )
番号 タイトル 掲載日
13414 【訃報】權三枝子氏(呂健二民団中央団長夫人) 2018-08-22
13413 小池都知事に追悼文を要請…悼式典実行委員会が個人署名8596筆 2018-08-16
13412 韓国・中国・日本人殉難者…民族超え40回目の追悼(戦時中、相模湖ダム建設) 2018-08-15
13411 「四万十平和の塔」徴用犠牲者慰霊…民団高知が献花 2018-08-15
13410 「朝鮮人移民を知っていますか」…「負の遺産」から学ぶ 2018-08-15
13409 「王仁博士顕彰公園」オープン…霊岩郡が韓日友好「百済門」建造 2018-08-08
13408 在日韓奨奨学金・近畿地区22人に…日本人含む 2018-08-08
13407 内外情勢で講演…駐大阪総領事館 2018-08-08
13406 京都国際学園初のベスト4…高校野球地区予選 2018-08-08
13405 福岡でも就職フェア…就活生、韓国国内からも参加 2018-08-08
13404 新次元金融へ対応…韓信協総会、基盤強化に全力 2018-08-08
13403 大阪と宮城で人権講座…「白書」教材に闘いの歴史学ぶ 2018-08-08
13402 「就航の歴史は韓日交流の歴史」 大韓航空、東京-羽田便、50周年を祝う 2018-07-26
13401 東京韓学からオモニ合唱団…韓日めぐりあい音楽会 2018-07-25
13400 韓国書芸に初挑戦…千葉教育院「夏季学校」 2018-07-25
13399 辛淑玉さんへの名誉棄損…東京MXTVが謝罪 2018-07-25
13398 建国幼稚園が「認定子ども園」に 2018-07-25
13397 関東大震災95年・虐殺の実相に迫る…高麗博物館企画展「記憶・記録・報道」 2018-07-25
13396 兵庫慶南道民会が神戸市に事務所開き…関係者招き祝う 2018-07-25
13395 <西日本豪雨>韓国政府が100万ドル寄付 2018-07-25
13394 ソウル訪問し勉強会…生活相談センター 2018-07-25
13393 「北東アジア情勢」をテーマに札幌で統一講演会…民主平統日本会議 2018-07-25
13392 <西日本豪雨>被災同胞支援へ全力…合同体制で調査・作業 2018-07-25
13391 本部に見舞金伝達…呂本部長が現地訪問 2018-07-25
13390 生活相談センター、北海道本部で意見交換 2018-07-11
13389 東京慶南道民会、初のチャリティーゴルフに118人 2018-07-11
13388 大手チーズタッカルビ専門店が日本上陸1号店…新大久保 2018-07-11
13387 韓国プレミアム水産食品、日本輸出へ商談会 2018-07-11
13386 反ヘイト裁判に勝利…大阪高裁も「保守速報」を「複合差別」認定 2018-07-11
13385 「選択の幅広がった」… 民団中央主催「就職フェア」 2018-07-11
13384 合併効果などで全組合が黒字…韓信協会員組合2017年度業績 2018-07-11
13383 姜光黙会長を選出…青商連、名古屋で定期総会 2018-07-11
13382 公正な団務運営へ…大阪本部が監察機関研修 2018-07-11
13381 西日本豪雨・同胞宅も被害…民団が対策本部設置へ 2018-07-11
13380 ヘイトスピーチ対策法の実効化へモデル条例案…東京弁護士会 2018-06-27
〒106-8585 東京都港区南麻布1-7-32
TEL : 03-3454 -4901 ~ 8  FAX : 03-3454-4614
© Copyright 2018 MINDAN. All Rights Reserved