民団新聞

コラム・特集 内容

掲載日 : [2018-07-25 16:03:00]   照会数 : 96

朝鮮通信使 善隣友好の径路を歩く<5>壱岐(神皇寺跡・聖母宮・勝本城跡)


[ かつて通信使と対馬藩をあわせて1,000人以上が宿泊した神皇寺跡(現・阿弥陀堂) ]







[ 勝本城本丸跡から韓半島方向を望む ]






海を埋めたて1000人宿泊


 朝鮮通信使の壱岐での寄港地は勝本港であった。通信使と対馬藩を合わせて1000人以上が、神皇寺(じんこうじ、現・阿弥陀堂)に宿泊した。広大な敷地を確保するため、周辺の海を埋め立てたと聞く。勝本浦は三韓出兵(さんかんせいばつ)時代(神功皇后=じんぐうこうごう=が新羅出兵を行い、朝鮮半島を服属下においた戦い)には、航海の順風を待つところであった。幕府にとって通信使を迎えることは、総額100万両(約500億円)の接待費が掛かってくる。

 勝本浦での滞在は、2~3週間だった。そのときの饗応食(きょうおう)は、米7500kg、するめ3000kg、山芋1500本、卵1万5000個、アワビ2000貫、そしてお酒が15石(900リットル)が消費された。

 爾自神社(にじじんじゃ)の東風石(こちいし)でのお参りは、表向きは航海安全であったが、風待ちで長逗留(とうりゅう)による財政逼迫を懸念して、一日でも滞在が短くなることを祈願したことを資料で知った。

 約2500坪もあった神皇寺跡には、明治時代からの家屋が建ち並び風情があった。ところが意識しなければ見過ごしてしまうぐらいの小さな阿弥陀堂が、それらの建物の隙間に埋もれていて、朝鮮通信使時代の栄華はなかった。お堂の引き戸を開けると、朝のお祈りを終えたばかりのお年寄りが出迎えてくれた。

 ここでは信仰心が未だ息づいている。壱岐は豊臣秀吉の朝鮮出兵をしたときの前線基地であった。神宮皇后を祭った聖母宮(しょうもうぐう)は、ここからすこし離れたところにあったが、朝鮮通信使はここには立ち寄らなかった。

 加藤清正が寄進した聖母宮の門や風除けの石積みが今も残っている。私は超広角レンズで石積みを強調し、門を遠方に入れた構図でシャッターを切った。次は門を主に撮そうと近づいたが、寺の修復をしている職人たちが、どの角度からもファインダーに入る。

 ほんの少しだけ、この場から離れてくれないかと頼んだが、「セメントが落ち着くまで駄目だ」と断られた。彼らの仕事が終わるまでの間、私は朝鮮出兵時に築いた勝本城跡に行くことにした。

 勝本港を眼下に望む山頂に、築城された城跡。秀吉は肥前名護屋城に本拠を置き、朝鮮半島までの飛石的な二つの島に勝本城と対馬の清水山城を築いた。

 壱岐・城山公園として整備された勝本城本丸跡から、カメラを朝鮮半島の方角に向けた。権力という野望から、朝鮮出兵を命じた豊臣秀吉であったが、文禄(1582~93)・慶長(1597~98)の役に敗れ、その心労から自らの命を縮めたのである。

藤本巧(写真作家)
(2018.07.25 民団新聞)

コラム・特集 リスト

  [total : 6206] ( 1 / 178 )
番号 タイトル 掲載日
6206 韓日友好、同胞の生活、自由民主主義の祖国を守ろう…73周年光復節中央式典 2018-08-16
6205 韓国の鉄道、交通の主役に…列車にみる70年の歴史 2018-08-14
6204 趙善玉の「飲食知味方の世界」チャクミョンポッ 2018-08-14
6203 時のかがみ…第3次韓流ブーム…桑畑優香(ライター・翻訳家) 2018-08-14
6202 オリニJ「きっと戻る」…願い果たし  元オリニのリーダーたち 2018-08-15
6201 次世代育成、着実な成果…オリニジャンボリー歴史重ね 2018-08-15
6200 政府樹立70年 激動の現代史 2018-08-15
6199 「平和な韓半島」願う…光復73周年中央団長慶祝辞 2018-08-15
6198 趙善玉の「飲食知味方の世界」チャミョンポッ 2018-08-08
6197 時のかがみ…「8月は朗読の月」津川泉(脚本家) 2018-08-08
6196 笑顔と涙の5日間…10回目のオリニジャンボリー 2018-08-02
6195 「就航の歴史は韓日交流の歴史」 大韓航空、東京-羽田便、50周年を祝う 2018-07-26
6194 趙善玉の「飲食知味方の世界」…オイファチェ 2018-07-25
6193 時のかがみ…わたしの留学時代仲村 修 (韓国児童文学翻訳家・研究者) 2018-07-25
6192 朝鮮通信使 善隣友好の径路を歩く<5>壱岐(神皇寺跡・聖母宮・勝本城跡) 2018-07-25
6191 「オリニジャンボリーに役立てて」… 張勲氏が300万円寄付 2018-07-25
6190 【寄稿】説明・訂正なしはなぜ?朝日新聞<整合性欠く「休戦協定」記事・解説 2018-07-20
6189 「選択の幅広がった」… 民団中央主催「就職フェア」 2018-07-11
6188 朝鮮通信使 善隣友好の径路を歩く<4>対馬(雨森芳洲の墓) 2018-07-11
6187 趙善玉の「飲食知味方の世界」…スキョエポッ 2018-07-11
6186 時のかがみ…トラジ(桔梗)茶 キム・英子・ヨンジャ(歌人) 2018-07-11
6185 W杯に負けない熱戦…第12回オリニフットサル、優勝は大阪 2018-07-02
6184 時のかがみ…「釜山の味 ミルミョン」桃井のりこ(編集者・プロデューサー) 2018-06-27
6183 趙善玉の「飲食知味方の世界」…ピンジャポッ(あん入り緑豆チヂミ) 2018-06-27
6182 朝鮮通信使 善隣友好の径路を歩く <3>対馬(万松院対馬藩主宗家の菩堤寺) 2018-06-27
6181 楽しかった思い出を次代に…本番へボランティア研修 2018-06-27
6180 趙善玉の「飲食知味方の世界」 揚げたツルニンジン 2018-06-13
6179 時のかがみ…「韓日〝ドリーム番組〟」 桑畑優香(ライター・翻訳家) 2018-06-13
6178 脱北者に希望の灯…民団支援センター設立15周年 2018-06-13
6177 朝鮮通信使 善隣友好の径路を歩く <2>対馬(武家屋敷、金田城、上見坂公園、西山... 2018-06-13
6176 「団員宅訪問を徹底」地方協議会で呂団長訴え…民団再生へ基盤強化 2018-06-13
6175 時のかがみ…「盛岡のちゃんぽん」 津川泉(脚本家) 2018-05-31
6174 趙善玉の「飲食知味方の世界」 ファジョンポッ 2018-05-30
6173 朝鮮通信使 善隣友好の径路を歩く <1> 対馬「御船江跡」 2018-05-30
6172 新規参加者が半数…スポーツ大会で仲間づくり-学生会中央 2018-05-30
〒106-8585 東京都港区南麻布1-7-32
TEL : 03-3454 -4901 ~ 8  FAX : 03-3454-4614
© Copyright 2018 MINDAN. All Rights Reserved