民団新聞

コラム・特集 内容

掲載日 : [2018-08-08 11:50:00]   照会数 : 30

時のかがみ…「8月は朗読の月」津川泉(脚本家)







朗読劇とは…本読みと読み合わせは違う

 8月は朗読の月である。6日広島原爆忌、9日長崎原爆忌、15日終戦記念日。平和を祈る朗読の催しは毎年各地で行われる。

 こんな俳句がある。

 「八月や六日九日十五日」(注①、②)

 朗読というと、じっと頭を垂れ、静かに耳を傾けるイメージが浮かぶ。しかし、朗読劇(ドラマリーディング)となるといささかおもむきが違ってくる。

 「はじめて韓国現代戯曲ドラマリーディング公演観ました。台詞が際立っていて、つくりこんだ通常の舞台よりも面白いと思いました。台本をもって演じるねらいは演出ですか?」

 この3月に行われた日韓演劇交流センター主催の公演「ぼんくらと凡愚」(金相烈作・拙訳・シライケイタ演出)の感想である。

 実際に御覧になった方はご存知と思うが、ドラマリーディングは一人の朗読者によるスタティック(静的)な読み聞かせ、いわゆる傾聴志向の朗読ではない。

 演出家が入り、それぞれの役を演じる役者と稽古を重ねる。朗読劇と言えども動きが入り、舞台空間に作品世界を再構築することに心血を注ぐからである。ただ、台本は手にしているが。

 そうして立ちあがった世界が前述のような感想につながったのだと思う。

 先の質問に私はこう答えた。もちろん、台本を持つのは制約条件の一つで演出ではない。淵源を辿れば西欧のサロンでの作家・詩人・劇作家による自作朗読会のようなものではないか。いわば、戯曲の内容見本? 試演会?

 また、こんな解釈もあろう。ひとりの演者と鼓手によるパンソリが分唱化して唱劇が生まれたように、一人で何役も演じる代わりに役を振り分け、動きや見せる演出を加え、今のドラマリーディングの形になったと。

 舞台に役者が現れ、運命に抗って生きる姿を見ることが、演劇の原初的な感動ならば、ドラマリーディングはその端緒の形態といえるのではないか?

 自作朗読というと思いだすのが、ラジオドラマの本読みである。作者が稽古場で役者たちを前に台本を読んで聞かせることをいう。 久保田万太郎、真船豊などは本読みの名手と呼ばれ、出演者たちはその読みに神妙に耳傾け、間の取り方や語尾の「……」まで逐一、台本に記しをつけ、作者の心情を汲もうとしたという。

 今では本読み=読み合わせとなって、作者ではなく、はじめから役者が読む。本読みと読み合わせが別物だとは、現役の役者でも知らない人が多い。隔世の感がある。

 (注①)炎暑の残る八月だが、立秋を迎えるため季語では秋に分類される。
 (注②)この俳句については、類句が多く、最初の発表者を探した『「八月や六日九日十五日」を追う』小林良作著(「鴻」発行所出版局、FAX047・366・5110)をご覧ください。
(2018.08.08 民団新聞)

コラム・特集 リスト

  [total : 6206] ( 1 / 178 )
番号 タイトル 掲載日
6206 韓日友好、同胞の生活、自由民主主義の祖国を守ろう…73周年光復節中央式典 2018-08-16
6205 韓国の鉄道、交通の主役に…列車にみる70年の歴史 2018-08-14
6204 趙善玉の「飲食知味方の世界」チャクミョンポッ 2018-08-14
6203 時のかがみ…第3次韓流ブーム…桑畑優香(ライター・翻訳家) 2018-08-14
6202 オリニJ「きっと戻る」…願い果たし  元オリニのリーダーたち 2018-08-15
6201 次世代育成、着実な成果…オリニジャンボリー歴史重ね 2018-08-15
6200 政府樹立70年 激動の現代史 2018-08-15
6199 「平和な韓半島」願う…光復73周年中央団長慶祝辞 2018-08-15
6198 趙善玉の「飲食知味方の世界」チャミョンポッ 2018-08-08
6197 時のかがみ…「8月は朗読の月」津川泉(脚本家) 2018-08-08
6196 笑顔と涙の5日間…10回目のオリニジャンボリー 2018-08-02
6195 「就航の歴史は韓日交流の歴史」 大韓航空、東京-羽田便、50周年を祝う 2018-07-26
6194 趙善玉の「飲食知味方の世界」…オイファチェ 2018-07-25
6193 時のかがみ…わたしの留学時代仲村 修 (韓国児童文学翻訳家・研究者) 2018-07-25
6192 朝鮮通信使 善隣友好の径路を歩く<5>壱岐(神皇寺跡・聖母宮・勝本城跡) 2018-07-25
6191 「オリニジャンボリーに役立てて」… 張勲氏が300万円寄付 2018-07-25
6190 【寄稿】説明・訂正なしはなぜ?朝日新聞<整合性欠く「休戦協定」記事・解説 2018-07-20
6189 「選択の幅広がった」… 民団中央主催「就職フェア」 2018-07-11
6188 朝鮮通信使 善隣友好の径路を歩く<4>対馬(雨森芳洲の墓) 2018-07-11
6187 趙善玉の「飲食知味方の世界」…スキョエポッ 2018-07-11
6186 時のかがみ…トラジ(桔梗)茶 キム・英子・ヨンジャ(歌人) 2018-07-11
6185 W杯に負けない熱戦…第12回オリニフットサル、優勝は大阪 2018-07-02
6184 時のかがみ…「釜山の味 ミルミョン」桃井のりこ(編集者・プロデューサー) 2018-06-27
6183 趙善玉の「飲食知味方の世界」…ピンジャポッ(あん入り緑豆チヂミ) 2018-06-27
6182 朝鮮通信使 善隣友好の径路を歩く <3>対馬(万松院対馬藩主宗家の菩堤寺) 2018-06-27
6181 楽しかった思い出を次代に…本番へボランティア研修 2018-06-27
6180 趙善玉の「飲食知味方の世界」 揚げたツルニンジン 2018-06-13
6179 時のかがみ…「韓日〝ドリーム番組〟」 桑畑優香(ライター・翻訳家) 2018-06-13
6178 脱北者に希望の灯…民団支援センター設立15周年 2018-06-13
6177 朝鮮通信使 善隣友好の径路を歩く <2>対馬(武家屋敷、金田城、上見坂公園、西山... 2018-06-13
6176 「団員宅訪問を徹底」地方協議会で呂団長訴え…民団再生へ基盤強化 2018-06-13
6175 時のかがみ…「盛岡のちゃんぽん」 津川泉(脚本家) 2018-05-31
6174 趙善玉の「飲食知味方の世界」 ファジョンポッ 2018-05-30
6173 朝鮮通信使 善隣友好の径路を歩く <1> 対馬「御船江跡」 2018-05-30
6172 新規参加者が半数…スポーツ大会で仲間づくり-学生会中央 2018-05-30
〒106-8585 東京都港区南麻布1-7-32
TEL : 03-3454 -4901 ~ 8  FAX : 03-3454-4614
© Copyright 2018 MINDAN. All Rights Reserved