コラム・特集 内容

掲載日 : [2018-04-23 17:01:18]   照会数 : 801

李相花と小平奈緒が五輪を振り返る…東京でトークショー




 平昌冬季五輪のスピードスケート女子500メートルで銀メダルを獲得した韓国の李相花選手と金メダリストの小平奈緒選手らによるトークショー「平昌から東京まで」が19日、東京の韓国文化院で開催された。



 女子500メートルのレース後、小平選手が太極旗を持った李選手を抱きかかえ、健闘をたたえ合うシーンが感動を呼んだ両選手は五輪当時を振り返るとともに、両国のスポーツ交流などについて話した。



 平昌五輪を成功させた経験を日本と共有し、韓日両国のスポーツ交流を活性化しようとの趣旨で韓国大使館が主催した同イベントには両国の著名アスリートや政府関係者が参加した。



 韓国からは李選手のほか、平昌五輪のリュージュ2人乗りに出場した朴鎮用選手が参加した。日本からは平昌パラリンピックのクロスカントリースキー男子10キロクラシカル立位で金メダルを獲得した新田佳浩選手が平昌での経験を紹介した。



トークショーの前には平昌五輪大会組織委員会の李熙範委員長と外交部の朴銀夏公共外交大使が出席し、平昌五輪の成功事例を紹介した。また東京五輪・パラリンピック組織委員会の遠藤利明会長代行と、スポーツ庁の鈴木大地長官が東京五輪の準備状況を説明した。



 この後、行われたトークショーで「互いの魅力と紹介」との質問に李選手は小平選手について、「気楽だからか、一緒にいると何でもないことで笑ってしまう」とし、「一緒にいる時は友だちのように過ごすが、競技になると集中する姿が印象的だ」と紹介した。



 また、レース後に抱き合った時、小平選手から「チャレッソヨ(よく頑張ったね)」と言葉をかけられた李選手は「ナオは順位にこだわらず、(後に出走する)ほかの選手たちを待って励ましている姿を見て感動した。私も激励を受けて、余計に込み上げるものがあり涙が多く出てしまった」と語った。



 小平選手は李選手について、「プライベートな場ではおしゃれな服を着て女性らしい姿を見せるが、リンクでは表情や態度が変わり王者の風格を漂わせる」と紹介し、「私の考える理想的な選手」と称賛した。



 小平選手はまた、平昌五輪のメダル授与式で韓国のボランティアがカイロをポケットから出して渡してくれたというエピソードを紹介し、手も心も温まったと話した。



 李選手は「自国開催の五輪でもあり、多くのプレッシャーを感じ、ひどく緊張した」と振り返った上で、東京五輪の成功を祈り、「平昌の熱気がそのまま東京に続いていってほしい」と話した。



 小平選手が「スポーツは国境を越えて友情を育てる良い機会。韓国語と日本語を混ぜて使って関係を築き選手としても発展を重ねてきた」と語ると、李選手も「スポーツは国家を離れて記録と認定される。スポーツに国の壁はない」と口をそろえた。李選手はまた、「今回の五輪で韓国と日本の和合を人々に示すことができて良かった」と語った。



 「李選手に言った『チャレッソ』という韓国語はどこで覚えたか」との質問に、小平選手は「自分が知っている韓国語は全部、サンファから学んだ。以前、サンファが私に『チャレッソ』と励ましてくれたので」と答えると、李相花選手も「私が知っている日本語も全部ナオから教えてもらった」と言葉の教え合いでも仲の良さを見せた。



 李選手は小平選手に韓国を案内したこともあり、「私にも日本を案内して」と言うと、小平選手は「サンファをまた日本に呼んで、美味しいものを一緒に食べ歩きたい」と答えた。



 この日のイベントでは平昌五輪の会場で使用された音楽を韓国の伝統弦楽器「玄琴(コムンゴ)」や「伽耶琴」で演奏するミニ公演も行われた。

(20185.4.23)

コラム・特集 リスト

  [total : 6189] ( 1 / 177 )
番号 タイトル 掲載日
6189 「選択の幅広がった」… 民団中央主催「就職フェア」 2018-07-11
6188 朝鮮通信使 善隣友好の径路を歩く<4>対馬(雨森芳洲の墓) 2018-07-11
6187 趙善玉の「飲食知味方の世界」…スキョエポッ 2018-07-11
6186 時のかがみ…トラジ(桔梗)茶 キム・英子・ヨンジャ(歌人) 2018-07-11
6185 W杯に負けない熱戦…第12回オリニフットサル、優勝は大阪 2018-07-02
6184 時のかがみ…「釜山の味 ミルミョン」桃井のりこ(編集者・プロデューサー) 2018-06-27
6183 趙善玉の「飲食知味方の世界」…ピンジャポッ(あん入り緑豆チヂミ) 2018-06-27
6182 朝鮮通信使 善隣友好の径路を歩く <3>対馬(万松院対馬藩主宗家の菩堤寺) 2018-06-27
6181 楽しかった思い出を次代に…本番へボランティア研修 2018-06-27
6180 趙善玉の「飲食知味方の世界」 揚げたツルニンジン 2018-06-13
6179 時のかがみ…「韓日〝ドリーム番組〟」 桑畑優香(ライター・翻訳家) 2018-06-13
6178 脱北者に希望の灯…民団支援センター設立15周年 2018-06-13
6177 朝鮮通信使 善隣友好の径路を歩く <2>対馬(武家屋敷、金田城、上見坂公園、西山... 2018-06-13
6176 「団員宅訪問を徹底」地方協議会で呂団長訴え…民団再生へ基盤強化 2018-06-13
6175 時のかがみ…「盛岡のちゃんぽん」 津川泉(脚本家) 2018-05-31
6174 趙善玉の「飲食知味方の世界」 ファジョンポッ 2018-05-30
6173 朝鮮通信使 善隣友好の径路を歩く <1> 対馬「御船江跡」 2018-05-30
6172 新規参加者が半数…スポーツ大会で仲間づくり-学生会中央 2018-05-30
6171 統一祖国の知識競う…民主平統東部協「ゴールデンベル日本大会」東京韓学 2018-05-30
6170 戸別訪問が組織の基本…リーダー育成スクールで再確認 2018-05-30
6169 次世代の民団の姿探る…組織改革委が本格スタート 2018-05-30
6168 <訪ねてみたい韓国の駅27>南倉…東海南部線 2018-04-11
6167 <訪ねてみたい韓国の駅26>漣川…京元線 2018-03-28
6166 法曹フォーラムが広島でセミナー…「相続」「差別」活発な質問 2018-05-16
6165 生活相談センター…地方の拡充で活性化 2018-05-16
6164 <訪ねてみたい韓国の駅30最終回>ソウル・京釜線ほか 2018-05-16
6163 <訪ねてみたい韓国の駅29>仏国寺・東海線 2018-05-09
6162 「終戦」「非核化」が目標…南北首脳が板門店宣言 2018-05-09
6161 ネットワークを広げ同胞の生活を守ろう…民団地位向上セミナー 2018-05-09
6160 定員オーバーの大盛況…ボウリング協のオリニ祭り 2018-05-07
6159 <南北首脳会談>「平和の時代」到来を期待…民団中央団長が談話 2018-04-27
6158 <訪ねてみたい韓国の駅㉘>デジタルメディアシティ・京義線ほか 2018-04-25
6157 全国で団員戸別訪問…地方団長会議で示達 2018-04-25
6156 最優秀賞は鶴橋の味…第6回キムチグランプリ 2018-04-23
6155 李相花と小平奈緒が五輪を振り返る…東京でトークショー 2018-04-23
〒106-8585 東京都港区南麻布1-7-32
TEL : 03-3454 -4901 ~ 8  FAX : 03-3454-4614
© Copyright 2018 MINDAN. All Rights Reserved