在日本大韓民国民団

トピックス

民団は在日同胞が、豊かで明るく生きていくことができるよう、様々な事業・運動を展開しています。


トピックス 内容

掲載日 : [18-06-13]   照会数 : 728

「ヘイトスピーチ対策法」補完へ条例を

 公共施設におけるヘイトスピーチを制度的に防止するための「ガイドライン」を今年3月に施行したにもかかわらず、川崎市が極右団体に教育文化会館の使用許可を出してしまったことが最近大きな問題となった。

「オール川崎」で

 ヘイトスピーチの根絶に向けて精力的に取り組んできた「『ヘイトスピーチを許さない』川崎市民ネットワーク」は即座に福田紀彦川崎市長に対し、許可の取り消しを要望した。が、市側は「不許可の要件に合致していない」として使用許可の判断を変えなかった。

 民団もこれを問題視し5月30日、川崎支部(朴容正支団長)、神奈川県本部(李順載団長)、中央本部人権擁護委員会(李根茁委員長)の連名で市長宛の申入書を市民文化局長に手渡し再検討を促した。その上で「少なくともガイドラインを踏まえて、第三者機関の判断を仰ぐべきだ」と迫ったが、局長からの明言はなく「最後まで情報を収集して検討する」との答弁に留まった。

 加えて6月1日には、川崎市日韓親善協会(斎藤文夫会長・田中和徳会長代行)が「使用許可は人権擁護の立場から極めて軽率」と指弾する抗議文を市長に宛てている。

 結局、使用許可が翻ることなく迎えた3日当日、ヘイトスピーチに反対する数百人の川崎市民らは「ヘイトスピーチ問題を考える会」を自称する極右団体の集会が始まる1時間以上も前から教育文化会館前に集まり、「レイシスト帰れ!」のシュプレヒコールを一斉に連呼し、対峙に備えた。やがて集会主催者らが現れると体を張ったもみ合いとなり、最終的に講演予定者が入館できなかったことから集会は延期となった。正に「オール川崎」の苦い勝利である。

不可思議な許可

 川崎市のガイドラインは、正式には「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律に基づく『公の施設』利用許可に関するガイドライン」と言い、その目的には2016年に制定されたヘイトスピーチ対策法が定める地方公共団体の努めに基づき「公の施設における不当な差別的言動を制度的に防止する」とうたわれている。

 今回の集会の中心人物がここ数年来、悪辣なヘイトスピーチを繰り返し行っている者であることは報道や本人のブログ上の発言などから明らかである。これをガイドラインの目的に照らせば、彼らへの施設使用許可はあり得ないことであり、むしろ施行後、初の不許可集会として前例を作れたはずであった。

 他方、集会と同じ会館と時間帯、小学生に数学の楽しさを知ってもらおうとして企画された川崎青年会議所(JC)による200人規模のイベントが一度は中止の決断を余儀なくされた(他施設に変更)という実害が生じた点も見逃せない。

 しかしながら、この2つを突きつけられてもなお「不許可の要件に合致していない」とする判断は、それ以前の川崎市を知る者にとっては理解に苦しむものである。

市の善後策期待

 思えば、80年代の外登法における指紋押捺撤廃運動や90年代の公務員採用における国籍条項撤廃運動の先頭に立った川崎市は、ヘイトスピーチ根絶に向けても地域住民に寄り添い多文化共生をめざす自治体だったはずである。その川崎市が今回、自らが策定したガイドラインに反し、何故このような不可思議な許可を出すに至ったのか。

 これについては、窓口のミスで出してしまった許可を後で取り消した場合の反発に上層部の腰が引けたという憶測さえ生まれている。川崎市は今回の許可を率直に誤りと認め、ガイドラインの今後の運用について改めて説明することで汚名をすすぐべきではないか。

 集会が阻止された6月3日は、奇しくも対策法の施行から2周年の日であった。罰則のない対策法を補完する地方条例の早期制定とそれに基づくヘイトスピーチの着実な規制、および対策法そのもののバージョンアップが切実に求められている今、川崎市が取るであろう善後策に期待したい。
(孫成吉生活局長)

(2018.06.13 民団新聞)


 

トピックス リスト

  [total : 158] ( 1 / 5 )
番号 タイトル 掲載日
158 南北離散家族、会って2日でまた別れの準備 18-08-22
157 開館30周年記念特別展「鄭詔文と高麗美術館」来月から 18-08-21
156 【韓国】南北離散家族、涙の対面 18-08-21
155 民団中央本部人権擁護委員会 国連に代表団を派遣 18-08-20
154 3日間、オリニとリーダーが一体…東京オリニキャンプ 18-08-20
153 【愛知】第73周年光復節記念 大野遊会 18-08-20
152 「第73周年光復節中央記念式典」2500人が祝賀 18-08-17
151 韓国、バーレンに圧勝【アジア大会サッカー】 18-08-16
150 笑顔はじけるオリニジャンボリー 別れの涙も熱く【写真特集】 18-08-16
149 韓日友好、同胞の生活、自由民主主義の祖国を守ろう…73周年光復節中央式典... 18-08-16
148 小池都知事に追悼文を要請…悼式典実行委員会が個人署名8596筆 18-08-16
147 「平和な韓半島」願う…光復73周年中央団長慶祝辞 18-08-15
146 国連人種差別撤廃委員会の日本政府審査が16日からスタート 18-08-14
145 民団千葉、一足先に光復節…九十九里の海辺で 18-08-13
144 日本のダム工事現場で死亡した韓国人の遺骨、76年ぶり故国へ 18-08-13
143 13日南北高位級会談、文大統領の平壌行きを調整 18-08-10
142 日本のお盆控えて韓国産の菊が人気…輸出量60%アップ 18-08-10
141 発達障害の美術作家を支える…日本で初の展覧会 18-08-09
140 「王仁博士顕彰公園」オープン…霊岩郡が韓日友好「百済門」建造 18-08-09
139 公明党の山口那津男代表 韓国人原爆犠牲者慰霊碑に献花 18-08-08
138 「世界平和のために」第49回韓国人原爆犠牲者慰霊祭 18-08-08
137 「2018オリニジャンボリー」熱かった5日間の思い出 18-08-07
136 2018次世代サマースクールがソウルで開催 18-08-07
135 高麗青磁の名品展-東洋陶磁美術館、来月から 18-08-06
134 ピビンバ寄席10周年-銀瓶さんとパギやんさん 18-08-06
133 8月15日の離散家族再会、南北が最終名簿を交換 18-08-06
132 笑顔と涙の5日間…10回目のオリニジャンボリー 18-08-02
131 民団愛知議決・監察機関4年ぶりの合同研修 18-07-31
130 島根県立図書館で韓国絵本の読み聞かせ会 18-07-31
129 福岡でもMINDAN就職フェア 18-07-31
128 相模湖・ダム建設殉職・殉難者を追悼、今年で40回目 18-07-31
127 在日2世流木華道家が作品展示 18-07-30
126 民団栃木70周年 韓日親善を誓う 18-07-30
125 「就航の歴史は韓日交流の歴史」 大韓航空、東京-ソウル便 50周年を祝う... 18-07-26
124 辛淑玉さんへの名誉棄損 東京MXTVが謝罪 18-07-25
〒106-8585 東京都港区南麻布1-7-32
TEL : 03-3454 -4901 ~ 8  FAX : 03-3454-4614
© Copyright 2018 MINDAN. All Rights Reserved