在日本大韓民国民団

トピックス

民団は在日同胞が、豊かで明るく生きていくことができるよう、様々な事業・運動を展開しています。


トピックス 内容

掲載日 : [18-08-09]   照会数 : 204

発達障害の美術作家を支える…日本で初の展覧会


[ 思いを語る朱祥希さん ]




[ 「猫」キム・ソンテ作 ]




[ 「ロボット」パク・テヒョン作 ]




韓国在住の在日2世、朱祥希さん…7~19日に近江八幡で
 韓国在住の在日韓国人2世、朱祥希さん(62)が代表理事を務めるNPO法人発達障害者青年作家支援奉仕団体「アトリエ・プレイトゥギャザー(APT)」(韓国京畿道龍仁市水枝区)は今月7日から19日まで日本で初めての展覧会「アトリエ・プレイトゥギャザー展‐コギリの7人」をボーダレス・アートミュージアムNO‐MA(滋賀・近江八幡市)で開いている。アトリエは、発達障害を持つ青年美術作家たちの共同作業場として2014年12月にオープンした。

「純粋な作品もっと評価を」
 展覧会には、左耳に障害がある高校1年生から30代までの作家6人と朱さんの作品を含む約40点が展示されている。作品は個性的な感性が光る。

 現在、APTで作業をしている作家たちは、幼い頃から絵を描いてきた人たちで個人的な活動もしている。朱さんがAPT~設立したのは、高校卒業後、芸術、美術製作に才能を持つ人たちを受け入れる教育機関がほとんどなかったからだ。

 今、韓国では発達障害者に対する支援や施設建設に力を入れているが、それは「支援をしなければいけないから支援をするという感じ」。朱さんが思い描く理想の姿は、日本でよく行く東京・立川の街の風景だ。

 「健常者も障害を持つ人も一緒になって生活しているというのは、街を歩いただけでも感じ取れる。でも韓国の場合はまだそういう雰囲気にはなっていない」

 APTではさまざまな支援活動を行ってきた。1年に1回開く展覧会では「『うまく描いているね』という感じで一つの芸術、ひとつの美術作品として評価はあまりしてくれない」。発達障害者の美術作品を見る視点と一般の人たちの作品を見る視点との間にある大きな隔たりに歯がゆさを感じてきた。

 今回、日本で展覧会をしようと思ったのは、発達障害者を対象にした支援団体や集まりなどの多様な土壌があるからだ。 「彼らの作品を日本に持って行けば分かってもらえるんじゃないかという思いが強かった」

 朱さんは静岡県清水市出身。高校卒業後、梨花女子大学美術大学陶芸科、韓国外国語大学通訳大学院卒業後、韓国人男性と結婚。夫とともに約16年間、パリで暮らした経験がある。

 10年ほど前、焼き物を指導するために出向いた施設で初めて発達障害の人たちと出会い、そして驚かされた。

 「純粋で偽りのない作品は、彼らだけの世界の中で生まれる。それがすごく感動的で多くの人たちに作品の素晴らしさを知ってほしいと思った」 APTは、朱さんの焼き物工房のあった場所を借りて始めた。朱さん以外の立ち上げメンバーは作家の保護者たち。一般、専門家ボランティアたちとともにサポートしている。「最近、組織作りに参加する人とか技術指導を一緒にしようという方とか、一人ひとり増えている」と嬉しそうだ。

 日本の開催が決まったことについて朱さんは「これが最初で最後ではなくスタートなんだって思いたいし、個人的な欲を言えば、日本の各地で展覧会ができればという願いはある」。最後に「韓国でも障害のある人たちが頑張っているというのを皆さんと分かち合いたい」と思いを語った。

 展覧会「アトリエ・プレイトゥギャザー展-コギリの7人」
 8月7~19日開催。10~17時開館。13日休館。無料。会場問い合わせは同ギャラリー(電話/FAX0748・36・5018)。

 

トピックス リスト

  [total : 152] ( 1 / 5 )
番号 タイトル 掲載日
152 「第73周年光復節中央記念式典」2500人が祝賀 18-08-17
151 韓国、バーレンに圧勝【アジア大会サッカー】 18-08-16
150 笑顔はじけるオリニジャンボリー 別れの涙も熱く【写真特集】 18-08-16
149 韓日友好、同胞の生活、自由民主主義の祖国を守ろう…73周年光復節中央式典... 18-08-16
148 小池都知事に追悼文を要請…悼式典実行委員会が個人署名8596筆 18-08-16
147 「平和な韓半島」願う…光復73周年中央団長慶祝辞 18-08-15
146 国連人種差別撤廃委員会の日本政府審査が16日からスタート 18-08-14
145 民団千葉、一足先に光復節…九十九里の海辺で 18-08-13
144 日本のダム工事現場で死亡した韓国人の遺骨、76年ぶり故国へ 18-08-13
143 13日南北高位級会談、文大統領の平壌行きを調整 18-08-10
142 日本のお盆控えて韓国産の菊が人気…輸出量60%アップ 18-08-10
141 発達障害の美術作家を支える…日本で初の展覧会 18-08-09
140 「王仁博士顕彰公園」オープン…霊岩郡が韓日友好「百済門」建造 18-08-09
139 公明党の山口那津男代表 韓国人原爆犠牲者慰霊碑に献花 18-08-08
138 「世界平和のために」第49回韓国人原爆犠牲者慰霊祭 18-08-08
137 「2018オリニジャンボリー」熱かった5日間の思い出 18-08-07
136 2018次世代サマースクールがソウルで開催 18-08-07
135 高麗青磁の名品展-東洋陶磁美術館、来月から 18-08-06
134 ピビンバ寄席10周年-銀瓶さんとパギやんさん 18-08-06
133 8月15日の離散家族再会、南北が最終名簿を交換 18-08-06
132 笑顔と涙の5日間…10回目のオリニジャンボリー 18-08-02
131 民団愛知議決・監察機関4年ぶりの合同研修 18-07-31
130 島根県立図書館で韓国絵本の読み聞かせ会 18-07-31
129 福岡でもMINDAN就職フェア 18-07-31
128 相模湖・ダム建設殉職・殉難者を追悼、今年で40回目 18-07-31
127 在日2世流木華道家が作品展示 18-07-30
126 民団栃木70周年 韓日親善を誓う 18-07-30
125 「就航の歴史は韓日交流の歴史」 大韓航空、東京-ソウル便 50周年を祝う... 18-07-26
124 辛淑玉さんへの名誉棄損 東京MXTVが謝罪 18-07-25
123 ソウル訪問し勉強会…生活相談センター 18-07-25
122 張勲氏がオリニジャンボリーに300万円寄付 18-07-24
121 駐日韓国大使、河野外相に豪雨被災地への義援金伝える 18-07-24
120 急変する北東アジア情勢テーマに札幌で統一講演会(民主平統) 18-07-24
119 「西日本豪雨」岡山・広島本部に義捐金を伝達 18-07-23
118 国連人種差別撤廃委員会を前に事前報告 18-07-20
〒106-8585 東京都港区南麻布1-7-32
TEL : 03-3454 -4901 ~ 8  FAX : 03-3454-4614
© Copyright 2018 MINDAN. All Rights Reserved