法律相談Q&A

在日同胞の、在日同胞による、在日同胞のための生活者団体


法律相談Q&A 内容

掲載日 : [21-03-31]   照会数 : 858

2重国籍の選択…成人になった時の意思に

Q

 息子夫婦に子どもが生まれることになりました。息子は韓国籍で、その妻は日本人です。この場合、生まれてくる孫の国籍はどうなるのでしょうか。私も韓国籍であるため、可能であれば韓国籍を保持してほしいと思っていますが、息子夫婦に何か良いアドバイスができますでしょうか?

A

 ◆韓日の血統主義
 韓国と日本は父母両系血統主義を採用している国です。父母両系血統主義とは、その国の国籍を有する父又は母の子として生まれた子に、その国の国籍を与える主義のことをいいます。

 そのため、韓国籍と日本国籍の父母から生まれた子は、日本国籍と韓国国籍の2重国籍を持つことになります。ただし、この2重国籍は一生涯に渡って認められるわけではありません。

 ◆韓国と日本の国籍法
 現在、2重国籍を持つ子について、日本の国籍法は、外国及び日本の国籍を有することとなった時が20歳に達する以前であったときは22歳に達するまでに、いずれかの国籍を選択しなければならないと定めています。

 また、韓国の国籍法も、原則として、満22歳になる前に、2重国籍を持った者は満22歳前にいずれかの国籍を選択しなければなりません。

 ただし、韓国には兵役義務があるため、男子については、満18歳になる年の3月31日までに、又は、兵役義務の解消後2年以内に国籍を選択しなければなりません。

 ◆成人年齢引下げの影響
 成年年齢の引き下げ等を内容とする日本民法の改正を受け、日本の国籍法についても改正が行われました。国籍の選択をすべき期限については2022年4月1日から変更されます。18歳に達する以前に2重国籍となった場合は、20歳に達するまでに国籍選択を迫られますのでご注意ください。ただし、2022年4月1日時点で20歳以上の2重国籍者については、22歳に達するまでに、どちらかの国籍を選択すれば足り、2022年4月1日時点で18歳以上20歳未満の2重国籍者については、同日から2年以内にどちらかの国籍を選択すれば足ります。以上の期限を過ぎてしまった場合であっても、いずれかの国籍を選択する必要があります。

 ◆まとめ
 これから生まれてくるお孫さんは、一定の期間は、韓国と日本の2重の国籍を持つことになります。国籍選択の時期が近づく頃には、お孫さんのアイデンティティーも確立され、韓国と日本のどちらの国籍を選択するか、明確な意思を示すことができるようになっていると思います。

 最終的には、成人となったお孫さんの意思に委ねるのが一番ではないでしょうか。
呉国峰(栃木県弁護士会所属弁護士)

法律相談Q&A リスト

  [total : 23] ( 1 / 1 )
番号 タイトル カテゴリー
23 コロナ理由の休業とアルバイトの補償…正社員と同等に ビジネス
22 コロナ禍の従業員の解雇…4つの要件満たす必要 ビジネス
21 2重国籍の選択…成人になった時の意思に 国籍
20 突然の賃貸解約通知…「正当事由」あるかの争いに 不動産
19 主権免除について…「絶対」から「制限免除」へ ビジネス
18 韓国保有財産から借金の回収方法は…韓国の裁判所に提訴 生活情報
17 賃貸物件修繕と改正民法の関係…貸借人の権利が明文化 不動産
16 受遺者が先に死去...「予備的遺言」の活用を 相続
15 単純承認と限定承認 …財産管理人選任と清算手続きを 相続
14 韓国に相続人、遺産分割は …家裁に調停申し立ても 相続
13 不倫と離婚…婚姻費用の請求が可能 結婚
12 相続登記 遺言書の有無で大きな差 相続
11 残業代の請求…証拠の確保が重要 ビジネス
10 店舗賃料の減額請求…まず「民事調停」申し立て ビジネス
9 簡易裁判所で少額訴訟 貸した10万円 返してもらう 財産
8 死後認知、速やかに訴訟提起を 相続
7 相続人が不明な財産…所有権を「時効」により取得 相続
6 遺言のメリット…日本法での相続が可能に 相続
5 韓日国際結婚と姓名 選択肢は多数…家族で相談を 結婚
4 離婚 韓国人同士なら韓国法で 結婚
3 相続放棄と限定承認…限定承認で債務負担回避 相続
2 婚姻届=韓日どちらの役所でも 結婚
1 相続=紛争の未然防止に遺言を 相続
〒106-8585 東京都港区南麻布1-7-32
TEL : 03-3454 -4901 ~ 8  FAX : 03-3454-4614
© Copyright 2018 MINDAN. All Rights Reserved