法律相談Q&A

在日同胞の、在日同胞による、在日同胞のための生活者団体


法律相談Q&A 内容

掲載日 : [21-05-26]   照会数 : 399

コロナ理由の休業とアルバイトの補償…正社員と同等に

Q

 私は、飲食店のアルバイトとして働いています。新型コロナウイルス感染防止対策の一環として、休業要請がなされたため、シフトを大幅にカットされています。収入が大幅に減るため、シフトのカットは生活に大きな影響を与えます。何か補償はないのでしょうか。

A

◆雇用調整助成金と緊急雇用安定助成金
 飲食店に限らず、正社員については、「雇用調整助成金」という制度があります。新型コロナウイルス感染症に係る特例措置が講じられていますので、会社が社員に対して休業手当を支払えば、会社は国から雇用調整助成金の支給を受けられます。そのため、正社員については、新型コロナを理由とした休業に手厚い補償があると思われているようです。

 では、アルバイト従業員はどうでしょうか。どうやら多くの方は、何らの補償もないと誤解しているようですが、そんなことはありません。

 なぜなら、「緊急雇用安定助成金」という制度があり、正社員と同様の補償が存在するからです。なので、会社がアルバイト従業員に対して休業手当を支払うことで、会社は国から緊急雇用安定助成金の支給を受けられます。

 このように、正社員か否かでこの度の時短要請に対する休業手当の扱いに差異はありません。

◆自ら申請できる休業支援金・給付金
 ところが、これら制度が複雑で手間がかかることに加え、会社によっては先に休業手当を支給する余力がないこと、助成金の助成率も常に満額ではないことなどの理由から十分に活用し切れていない実情もあるようです。

 しかし、会社の都合でこれら制度が活用されないようでは労働者として救われません。

 そこで、会社が申請をしない場合、労働者自ら申請することで受けられる補償として「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金」という制度があります。

 この事から、労働者としては、正社員か否かを問わず、まずは会社に休業手当の支給の有無を確認し、これがない場合には、自ら申請することで生活を守ることが可能となります。

 したがって、アルバイト労働者においても、これら制度を活用することで収入減に対する補償を受けることが可能です。

 なお、各制度の詳細は、厚生労働省のホームページにてご確認をお願いいたします。

弁護士 呉裕麻
 

法律相談Q&A リスト

  [total : 25] ( 1 / 1 )
番号 タイトル カテゴリー
25 隣家の木の枝越境してきた…勝手に枝を切れません 生活情報
24 性犯罪被害と匿名性…不安解く手立て様々に 生活情報
23 コロナ理由の休業とアルバイトの補償…正社員と同等に ビジネス
22 コロナ禍の従業員の解雇…4つの要件満たす必要 ビジネス
21 2重国籍の選択…成人になった時の意思に 国籍
20 突然の賃貸解約通知…「正当事由」あるかの争いに 不動産
19 主権免除について…「絶対」から「制限免除」へ ビジネス
18 韓国保有財産から借金の回収方法は…韓国の裁判所に提訴 生活情報
17 賃貸物件修繕と改正民法の関係…貸借人の権利が明文化 不動産
16 受遺者が先に死去...「予備的遺言」の活用を 相続
15 単純承認と限定承認 …財産管理人選任と清算手続きを 相続
14 韓国に相続人、遺産分割は …家裁に調停申し立ても 相続
13 不倫と離婚…婚姻費用の請求が可能 結婚
12 相続登記 遺言書の有無で大きな差 相続
11 残業代の請求…証拠の確保が重要 ビジネス
10 店舗賃料の減額請求…まず「民事調停」申し立て ビジネス
9 簡易裁判所で少額訴訟 貸した10万円 返してもらう 財産
8 死後認知、速やかに訴訟提起を 相続
7 相続人が不明な財産…所有権を「時効」により取得 相続
6 遺言のメリット…日本法での相続が可能に 相続
5 韓日国際結婚と姓名 選択肢は多数…家族で相談を 結婚
4 離婚 韓国人同士なら韓国法で 結婚
3 相続放棄と限定承認…限定承認で債務負担回避 相続
2 婚姻届=韓日どちらの役所でも 結婚
1 相続=紛争の未然防止に遺言を 相続
〒106-8585 東京都港区南麻布1-7-32
TEL : 03-3454 -4901 ~ 8  FAX : 03-3454-4614
© Copyright 2018 MINDAN. All Rights Reserved