生活相談Q&A

在日同胞の、在日同胞による、在日同胞のための生活者団体


生活相談Q&A 内容

掲載日 : [20-05-28]   照会数 : 667

在日同胞法律相談Q&A ①相続=紛争の未然防止に遺言を

在日韓国人法曹フォーラム(李宇海会長)の協力を得て、同会所属弁護士に在日同胞の生活に関連した法律相談Q&Aを連載することになりました。

Q

 先月、私の夫が心臓発作を起こし急死しました。私も夫も在日韓国人3世です。私たちには、息子が2人、娘が1人います。子どもたちは親元を離れて生活しています。夫の父(要介護3)は老人ホームで生活しています。夫の母と夫の祖父母は、何年も前に他界しています。また、夫には弟が1人と妹が1人います。夫の相続人は、私以外にもいるのでしょうか。夫の遺産は約3600万円でした。私の相続分はいくらになりますか。

A

 まず、相続人を決めるにあたり、どの国の法律を適用するか決めなくてはなりません。相続は、亡くなった方(被相続人)の本国法に拠ることとなっています。あなたのケースでは、夫が在日韓国人ですので、本国法である韓国の民法が適用されます。

 次に、誰が相続人となり得るのかを見ていきましょう。韓国民法では、①配偶者②直系卑属③直系尊属④4兄弟姉妹及び4親等内の傍系血族が法定相続人とされています。

 ここで、用語について解説します。「直系卑属」は子や孫を、「直系尊属」は父母や祖父母を指します。「4親等内の傍系血族」はおじおば、甥姪、いとこ、祖父母の兄弟姉妹、兄弟姉妹の孫(甥姪の子)までを指します。

 あなたのケースですと、配偶者(あなた)と2人の息子、1人の娘、夫の父、夫の弟と妹が相続人になり得ます。そうすると、みんなで3600万円の遺産を分け合うと思いますが、そうなりません。なぜなら、相続人には順位があるのです。

 韓国民法では、被相続人に配偶者と子(直系卑属)がいる場合、子と配偶者が第1順位の相続人となり、直系尊属、兄弟姉妹及び4親等内の傍系血族は相続人にはなりません。したがって、あなたのケースですと、相続人は配偶者(あなた)と子ども3人の計4人となります。この4人で夫の遺産を相続します。

 法定相続分について、韓国民法では同順位の相続人が複数の場合は、その相続分はすべて均等になります。ただし、配偶者についてのみ5割加算されます。

 そうすると、法定相続分の割合は、あなたが5、長男、次男、長女がそれぞれ1=1.5:1:1:1(3:2:2:2)となります。わかりやすく分数で示すと、あなたが9分の3、子ども達が各9分の2となります。夫の遺産が3600万円ですので、あなたが1200万円、子ども達が各800万円を相続します。

 最終的な回答としては、あなた以外の相続人は、子どもたち3人となります。また、あなたの相続分は1200万円となります。

◆読者の方々へ
 読者の皆様の中には、韓国法に慣れ親しんでいないし、相続は大変だと思っていらっしゃる方がおられるかもしれません。今回のケースのように、亡くなった方が韓国籍の場合、韓国民法が適用されます。しかし、相続手続きに日本法を適用してほしいとの遺言があれば、日本法を適用することもできます。ご家族同士の紛争を未然に防ぐためにも、遺言の作成を一度ご検討してみてはいかがでしょうか。
 

生活相談Q&A リスト

  [total : 8] ( 1 / 1 )
番号 タイトル カテゴリー
8 「みんだん生活相談センターは希望の灯台」感謝の手紙届く 結婚
7 国外での利益や所得は、日本でも申告が必要? 不動産
6 韓国にある土地の名義と税金について 不動産
5 会社名義の部屋に住んでいた社員が家賃を滞納したままいなくなった。支払い義務は? 不動産
4 一般永住者が帰化するために必要な手続きは? 国籍
3 日本国籍に帰化をしたが、韓国国籍に戻せる? 国籍
2 韓国人と日本人が結婚した場合の子どもの国籍は? 国籍
1 韓国人が日本で不動産を購入し、運用する場合の留意点は? 不動産
〒106-8585 東京都港区南麻布1-7-32
TEL : 03-3454 -4901 ~ 8  FAX : 03-3454-4614
© Copyright 2018 MINDAN. All Rights Reserved