生活相談Q&A

在日同胞の、在日同胞による、在日同胞のための生活者団体


生活相談Q&A 内容

掲載日 : [22-09-27]   照会数 : 852

日本在住の韓国国籍者の遺言について


 Q:日本に在住する韓国国籍者の遺言作成について教えてください。

 

 

 A:現在、日本には、多くの韓国国籍者が生活しています。韓国国籍者の場合、日本に居住している場合でも、遺言ができる能力(例えば、認知症の可能性がある場合など)や遺言事項などについては、韓国法が適用されます(法の適用に関する通則法第37条第1項)。

 一方、遺言の方式については、日本法上、①遺言を作成した地、②国籍地、③住所地、④常居所地、⑤不動産については不動産所在地のいずれかの地の法律に定める方式であれば、有効な遺言方式として認められます(法の適用に関する通則法第43条第2項、遺言の方式の準拠法に関する法律第2条)。また、韓国法においても、①遺言時または死亡時の国籍地、②遺言時または死亡時の常居所地、③遺言当時の行為地、④不動産については不動産所在地のいずれかの地の法律に定める方式で遺言をすることが認められています(韓国・国際私法第50条第3項)。

 日本に居住する韓国国籍者の場合、日本法が認める方式または韓国法が認める方式によって作成することが通常です。いずれの方式で行っても構いませんが、日韓両国の遺言の方式については、共通点が多いものの、違う点も存在します。どちらかの法律が認める方法であれば、有効性には問題がありませんが、日本法では存在しないが、韓国法で認められた方式で行う場合にきちんとした成立要件を備えるなど、後で問題にならないように十分に注意することが必要です。
 

生活相談Q&A リスト

〒106-8585 東京都港区南麻布1-7-32
TEL : 03-3454 -4901 ~ 8  FAX : 03-3454-4614
© Copyright 2018 MINDAN. All Rights Reserved