社会・地域 リスト

2019-07-24 13:31:00

「当然の法理」に挑戦 元東京都職員・鄭香均さん死去

 外国籍公務員への「当然の法理」を正当化し、昇進試験の受験を妨げた東京都を相手に最高裁まで闘った元東京都職員の鄭香均さんが6月30日、川崎市内の聖マリアンナ病院で死去した。享年69歳。「偲ぶ会」は26日18時から東京・水道橋の在日韓国YMCAで営まれる。呼びかけ人の一人で、鄭さんの裁判闘争を支援した田中宏一橋大学名誉教授が追悼文を寄せた。

2019-07-24

草川昭三氏が死去…在日同胞らの権益擁護に長年尽力

 議員時代に各種国籍条項の撤廃や地方参政権付与、サハリン在住同胞の帰還など、長年にわたって在日同胞の権益擁護に尽力してきた公明党顧問の草川昭三氏(91)が17日、急性心不全のため名古屋市内で死去した。  草川氏は議員時代、三公社就職や電波法の国籍条項をはじめ、国体への参加資格など、在日同胞への国籍差別条項廃止実現のほか、サハリン...

2019-07-24

全従業員にヘイト文書…フジ住宅に人権救済勧告 大阪弁護士会

在日3世女性 損害賠償請求訴訟も  【大阪】大阪弁護士会(今川忠会長)は11日、社内で全従業員に対して韓国又は韓国国民に対する侮蔑的表現を含むヘイト文書を配布するなどしてきたとして大手住宅メーカー「フジ住宅株式会社」(本社・大阪府岸和田市)に対し、人権救済勧告を行った。同社で働く在日韓国人3世の女性が精神的苦痛を受けたとして20...

2019-07-24

韓国語教育者研修…広島教育院、参加者から歓迎の声

 【広島】広島韓国教育院(黄惠正院長)は19日、広島韓国会館で韓国語教育者を主な対象とする研修会を実施した。関心は高く、広島県内はもとより高知などから韓国語講師70人が受講した。  朴虎基・京仁教育大学校名誉教授が「韓国語教授戦略と言語文化の探求」と題して講演。関西大学の高明均教授は「韓国語学習の動機付与と語彙学習法案」について...

2019-07-24

ネット金融時代に対応…韓信協総会 人材の育成図る

 在日韓国人信用組合協会(韓信協・呉龍夫会長)の第68回通常総会が19日、福岡市の横浜幸銀信用組合・福岡営業部で4会員組合の代表全員が出席して開かれ、新年度事業計画として①金融地殻変動期への対応②経営基盤の強化と拡大③金融変動対応人材の育成④「会員組合経営力強化委員会」の活動強化⑤韓信協融資推進ネットワークの積極活用⑥会員組合経営基盤強化支援基金の効率的管理...

2019-07-24

「本国セミナー」実り多く 生活相談センター 過去最多の35人が参加

 みんだん生活相談センター(金昭夫所長)は、恒例の「本国セミナー」を17日までの3泊4日間、韓国ソウル市内で開催した。2年ぶり6回目となる今回は日本各地から弁護士、税理士、行政書士、司法書士ら14人の専門相談員と中央本部、地方本部の生活相談センター担当者や事務局ら21人、合わせて35人が参加し、過去最大の陣容となった。  参加者...

2019-07-24

よみがえる旧「満州」朝鮮人移民の記憶…写真集出版

李光平さん 延辺地区で20年600人に写真取材 東京外国語大学研究チームが出版  中国吉林省延辺朝鮮族自治州で生きる朝鮮人移民1世の写真記録集が『「満州」に渡った朝鮮人たちー写真でたどる記憶と痕跡』(東京外国語大学「李光平写真集」刊行委員会)と題して出版された。本書に寄稿した李光平氏(74)は19...

2019-07-10

在日2世の陳賢徳さん、韓日友好願い陶磁器美術館建設へ..

蒐集資料1千点 5年以内目標に  日本の近世以降における陶磁器生産の展開には、壬辰倭乱のときに韓半島から連行された陶工も大きな役割を果たした。代表的なのが薩摩焼、有田焼・伊万里焼、唐津焼、萩焼などだ。これらに加え、高麗時代の青磁、朝鮮時代の白磁、日本でも「高麗茶碗」として珍重され...

2019-07-10

慶南科技大から名誉博士学位...金昭夫氏を祝福

発起人一同で企画 韓日の有志450人集う  金昭夫氏(民団中央生活相談センター所長)の慶南科学技術大学名誉経営学博士の学位取得と慶尚南道晋州の名誉市民賞を祝う集いが3日、東京都内のホテルであった。同大学109年にわたる歴史上、名誉博士学位の付与は初めて。授与式は2月...

2019-07-10

〒106-8585 東京都港区南麻布1-7-32
TEL : 03-3454 -4901 ~ 8  FAX : 03-3454-4614
© Copyright 2018 MINDAN. All Rights Reserved