社会・地域 リスト

新大久保に韓日交流スペース…「自然の森」2号店オープン

 東京・新大久保コリアンタウンの目抜き通り、通称「イケメン通り」に7月29日、韓日交流スペース「自然の森」2号店がオープンした。  「森テラス」はビルの屋上。小規模な音楽会、絵画・写真などの展示会、貸し切りパーティーに開放している。2階「森カフェ」はソフトドリンクやかき氷、話題の「ハンガンラーメン」を提供するオープンスタジオ。イ...

2020-08-13

ハンセン病と朝鮮人「差別を生き抜いて」… 高麗博物館企画展

 NPO高麗博物館(村野繁理事長・新井勝絃館長、東京・新宿)で企画展「ハンセン病と朝鮮人~差別を生き抜いて」が開催されている。同制作グループは「ハンセン病は過去の問題ではない。新型コロナウイルス禍のいまこそ、ハンセン病の患者や家族たちを差別してきたことを、自分たちの問題として考えてほしい」と呼びかけている。  療養所では寝食を共...

2020-08-13
2020-08-13 10:58:00

関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式典、都が一転…誓約書提出求めず許可

 東京都は都立横網町公園での9月1日の「関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式典」の開催にあたって、「誓約書」の要請を取り下げていたことがわかった。都建設局が7月29日、「9・1関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式典実行委員会」(宮川泰彦実行委員長)との話し合いの席で明言した。「誓約書」の提出を前提としていた実行委員会の占用許可申請はその日のうちに受理された。 ...

2020-08-13

「群馬の森」追悼碑訴訟、年内に結審へ

 【群馬】群馬県立公園「群馬の森」(高崎市)に建立されている韓国・朝鮮人犠牲者追悼碑「記憶 反省 そして友好」の設置期間更新の不許可をめぐる第5回口頭弁論が9月10日、東京高裁で行われる。控訴審は年内で結審し、来年には判決が言い渡される見込み。  追悼碑は韓半島から労務動員され、県内各地の労働現場で過酷な労働を強いられ、命を落と...

2020-08-13
2020-08-13 11:19:00
2020-07-29 10:13:00

在日の歴史をより深く 資料館 新資料加え改訂版

 在日韓人歴史資料館(韓国中央会館別館2、3階、東京・港区)は1日、冊子『100年のあかし改訂版』を刊行した。  改訂版は、2010年に発行された同じタイトルの冊子に、寄贈資料や近年の年表を新たに追加し、在日100年の歴史について、より一層理解を深められるようになっている。      同資料館には...

2020-07-29

【寄稿】『日本書紀』にみえる高句麗…編纂から1300年を迎えて

 寄稿  赤木 隆幸(日本高麗浪漫学会理事)  今年は『日本書紀』の編纂から1300年。この歴史書からは日本と高句麗との間で親密な交流があったことがわかる。この問題に詳しい日本高麗浪漫学界の赤木隆幸理事に「『日本書紀』にみえる高句麗」と題して寄稿してもらった。

2020-07-29
2020-07-29 09:21:00

〒106-8585 東京都港区南麻布1-7-32
TEL : 03-3454 -4901 ~ 8  FAX : 03-3454-4614
© Copyright 2018 MINDAN. All Rights Reserved