コラム・特集 リスト

韓日関係改善への提言…韓日の知識人が語る

 日本が半導体などの材料3品目の対韓輸出規制を強化、7日には「グループA(輸出管理の優遇対象国)」から韓国を除外する政令を公布した。韓国も強い抗議と遺憾の意を示すとともに即座の撤回を重ねて促した。一部の日本紙は両国の対立関係を「一触即発」とあおる。関係改善の道はないのか。李元徳国民大学教授と朴喆煕ソウル大学国際大学院教授、澤田克己毎日新聞外信...

2019-08-15

【寄稿】朝鮮人とアイヌ民族 歴史的なつながり

 植民地統治期をはるかにさかのぼる近代の極めて早い時期、過酷な労働から脱出した朝鮮人をアイヌの人々が支援し、定住を助けていたことが苫小牧駒澤大学の石純姫教授の研究で明らかになった。石教授は14年前、アイヌ文化伝承者の朝鮮人と出会ったことに衝撃を受け、歴史的なつながりが形成された過程について調査・研究を進めてきた。その成果をまとめた『朝鮮人とアイヌ民族の歴史的...

2019-08-15

「韓日友好の絆」絶やすな…中央団長光復第74周年慶祝辞

「韓日友好の絆」絶やすな…中央団長光復第74周年慶祝辞 中央団長 呂健二  親愛なる同胞の皆さん!  過酷な植民地支配から解放されて、74年目となる8月15日を迎えました。

2019-08-15

活気とり戻す新大久保商店街

 新大久保コリアンタウン(東京・新宿区)を訪れる10代、20代を中心にした女性たちの間で注目されているのが、韓国料理やスイーツ、雑貨などインスタ映えする商品だ。なかで...

2019-08-14

生活に根付いた総合芸術、農楽を知ろう

 2014年にユネスコ世界無形文化遺産に登録された農楽は、韓国に古くから伝わる伝統打楽器を用い、大人数で演奏しながら様々なパフォーマンスを行う韓国では最も大衆的な伝統芸能だと言っても過言ではない。農楽は文字通り、農家、農民、農村の音楽という意味で、農村地方で古くから継承され、村の共同体の和合と住民の安寧の祈願に向け、伝統打楽器等を合奏のみならず演劇等も繰り広...

2019-08-14

<北送60年>いまだ「知らぬ顔」 許せぬ朝総連

「地上の楽園」デマ振りまき…帰還9万人、民団のみ抵抗  「祖国は地上の楽園」との北韓当局と朝総連の虚偽宣伝および日本政府と政党の積極的協力と日本マスコミあげての北韓体制賛美キャンペーンのもとで推進された「北送」(1959年12月~84年)開始から60年になる。この「事業」で7000人あまりの...

2019-08-14
2019-08-14

母国での夏休み 学び、語り、笑って、泣いた…2019次世代サマースクール

 在日同胞の中・高校生を対象に夏休みを活用して母国と触れあい、全国の同世代が連帯を広げる「2019在日同胞次世代サマースクール」(民団主催、在外同胞財団後援)の中学生コース(7月25日~28日)と高校生コース(7月31日~8月3日)が今年も開催された。北は北海道から南は鹿児島まで全国29地方本部から参加した151人(中学94人、高校57人)は4日間、ともに学...

2019-08-14

悲惨「北送60年」救出・支援急務…朝総連の暴力・妨害乗り越え「守る会」は前進中 

北送60年を思いつつ 北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会名誉代表 山田文明  「北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会」(以下守る会)の誕生過程は、私たち中心会員にもあまり知られていませんでした。今年2月に発行した私たちの理論誌『光射せ!』第16号に...

2019-08-14

<北送60年>離散家族としてのわが家…「精神の自由」まで奪う北韓「帰国事業」誤りと認めよ! 

離散家族としてのわが家  韓国現代史研究家 金一男  「帰国運動」にからむ、筆者個人の家庭事情について述べたい。19歳の父は、すでに日本に来ていた姉を頼って玄界灘を渡った。1937年のことである。翌年、一時帰国していた父と全羅南道和順で挙式した母もまた玄界灘...

2019-08-14

〒106-8585 東京都港区南麻布1-7-32
TEL : 03-3454 -4901 ~ 8  FAX : 03-3454-4614
© Copyright 2018 MINDAN. All Rights Reserved