文化・芸能・スポーツ リスト

小鼓に魅せられて 在日3世の盧慶順さん

邦楽囃子の伝統担う 来月、東京で韓日コラボ公演  在日韓国人3世の邦楽囃子演奏家、盧慶順さんが、来年1月9日、東京のなかのZERO大ホールで開かれる日韓文化交流企画公演「福を呼ぶ」(特定非営利活動法人文化・芸術工房)に出演する。現在、演奏家としての活動以外に東京芸術大学音楽学部准教...

2019-12-04

勢いある韓国絵本

魅力さぐる講演会  国会図書館こども図書館が企画  韓国絵本の魅力を伝える講演会が1日、国立国会図書館子ども図書館(寺倉憲一館長、東京都台東区上野公園)で開かれた。世界各国の児童書の魅力を発信している同図書館が「韓国の絵本はたいへん勢いがある」として企画した。  鄭炳...

2019-12-04

日韓友好フェスタin八王子~海を越えて紡ぐ「衣・食・音」

28日に演劇と講演  日韓友好フェスタ2019in八王子~海を越えて紡ぐ「衣・食・音」が28日、東京・八王子市の北野市民センター8階ホールで開かれる。  主催のNPO法人おもてなし国際競技会(長野岩雄代表)は、真のおもてなしの人生を生きた隠れた偉人を取り上げ、同市内で演劇の公演を企...

2019-12-04

全米図書館賞小説部門 スーザン・チェ氏が受賞

 全米図書協会は20日、韓国系米国人のスーザン・チェ氏が今年の全米図書賞小説部門の受賞者に選ばれたと発表した。  小説は、チェ氏が今年4月に出版した『トラスト・エクササイズ』。チェ氏はインタビューで「韓国の日帝占領期の頃に祖父が体験したと聞いた話に着目して次の作品を準備する過程で派生した作品」と語っている。  同作...

2019-12-04

<文化短信>コンサートと展示会

□コンサート ◆映画「ザ・テノール真実の物語」上映、ベ・チェチョルによるコンサート&トーク  <2日連続公演>12月27日18時開演、28日、12時30分開演。新国立劇場小劇場(東京・渋谷区)。チケット6000円。発売はヴォイス・ファクトリイチケットデスク(03・3230・7770)。...

2019-12-04

「ハングル月暦」2020年版完成…青年会中央が制作 韓国の有名都市をイラスト化

 青年会中央本部(鄭昇栄会長)は1日1語、1年で365語の韓国語を覚えられる「ハングル月暦」2020年版をこのほど制作した。タンザック綴じと卓上タイプの2タイプ。  20年版は韓国の有名都市をイラスト化した「シティータイプ型」。各タイプとも「初級」はカタカナ発音を併記。「中級」はハングル表記のみ。 ...

2019-12-03

EAST MEETS EAST、 日本/韓国のこころの歌

韓日合同スペシャルバンドで「ソウルで感じた郷愁感を」  韓日と在日韓国人に思い出深い曲をリサーチし、韓日混合のスペシャルバンドで演奏する、EAST MEETS EAST「日本/韓国のこころの歌」コンサートが12月14日、東京のすみだ産業会館サンライズホールで開かれる。 ...

2019-11-27

東京初開催「ヌビ展」来場者にぎわう…講習会も人気集める

 韓国の伝統衣装の一つであるヌビ作品を紹介する「韓国伝統針線工芸ヌビ展」が19日までの6日間、東京の京王百貨店新宿店で開かれた。  作品は、兵庫・宝塚市にあるヌビ工房「アトリエ・求里畝」(中谷省三代表)が制作。布は中谷代表が草木染め、藍染めした深い色合いが特徴だ。  東京では初開催とあって、心待ちしていた大勢の人た...

2019-11-27

河正雄さん 画廊で初の個展「開いた片手」モチーフに

「開いた片手」モチーフに、2羽の鳩に対話へ祈り込め  河正雄「世開」展が東京・中央区銀座の秀友画廊で開かれている。河さんは学生時代に絵の才能を認められたことはあるもののあくまで趣味の領域であって、商業画廊で個展を開くのはこれが初めて。同画廊を運営する浅野恵巳さんが河さんの著書『祈りの美術』に収録...

2019-11-27

映画「スピード・スクワッド ひき逃げ専門捜査班」

迫力のカーチェイス 犯罪アクション映画 来月公開  韓国映画史上、初となる大規模なカーアクションを実現させたハン・ジュニ監督の映画「スピード・スクワッド ひき逃げ専門捜査班」(配給=アルバトロス・フィルム)が12月13日から、シネマート新宿・心斎橋ほか全国で順次公開さ...

2019-11-27

〒106-8585 東京都港区南麻布1-7-32
TEL : 03-3454 -4901 ~ 8  FAX : 03-3454-4614
© Copyright 2018 MINDAN. All Rights Reserved