最新ニュース リスト

民団大阪本部 5000世帯家庭訪問 生野中央支部から

「コロナ禍のいまだからこそ」  【大阪】民団大阪本部(呉龍浩団長)は同本部管内5000世帯を対象とした「家庭訪問」を9月からスタートさせる。最大手の生野中央支部(玄忠昊支団長、55)が旗振り役となり、年末まで全29支部で実施していく。同本部は家庭訪問に先だって1000万円をかけ、5000個...

2020-08-26
2020-08-26 15:10:00

地方本部の光復節式典 感染対策し工夫様々…ライブ配信や3.1節同時開催も

 第75周年光復節記念式典は東京以外にも各地で開催された。新型コロナウイルス感染症対策のため出席を役員など関係者だけに限定するなど防疫対策を徹底し、式典そのものも簡略化した。神奈川と愛知は会場に足を...

2020-08-26

団員に元気を届けよう…家庭訪問で光復節のお土産 民団東京各支部

  民団東京本部(李壽源団長)では毎年、光復節式典で参加団員らに配布している、韓国食品などの記念品を家庭訪問を通じて全2000世帯あまりに配布する。  同本部主管の光復節中央記念式典は、民団結成前の建青時代から、日比谷公会堂など都内の施設で大規模に開催してきた。今年は新型コロナウイルス感染拡大のため、参加招待者を本部役...

2020-08-24

第75周年光復節中央式典…韓日友好、組織強化、次世代育成等誓う

 第75周年光復節中央記念式典(民団中央本部主催、東京本部主管)は15日、東京港区の韓国中央会館で開催した。通年は都内の施設で約2000~3000人規模で開催していたが、今年は新型コロナウイルス感染防止を踏まえ、規模を大幅縮小し、参加対象を中央、東京本部の3機関、支部、中央傘下団体、韓人会の代表など約60人に制限した。毎年参席していた日本各政党国会議員の招待...

2020-08-24

【特集】韓日の懸け橋50年、関釜・釜関フェリー…玄界灘結び576万人運ぶ

同胞の母国訪問 容易に  山口県の下関市と韓国釜山市を結ぶ関釜・釜関フェリーが6月で就航50周年を迎えた。これを記念して関釜フェリー社では昨年10月から2カ月間、50%割引キャンペーンを実施した。しかし、新型コロナウイルス感染拡大の影響で今年3月から旅客運航は休止している。本来ならば、下関及び釜山で行われ...

2020-08-15

「5つの基本」を守る…第75周年光復節中央団長慶祝辞

地域社会で友好構築…ヘイト根絶・地方参政権獲得へ   親愛なる在日同胞の皆さん!  過酷な植民地支配から解放されて、75周年の8月15日を迎えました。  民団は、大韓民国樹立に先立つ2年前の1946年から、毎年、全国で光復節記念式典...

2020-08-15

【特集】15周年迎えた在日韓人歴史資料館

苦難の時代を乗り越えて多文化共生の社会めざす

2020-08-14

【特集】思い出つのる韓国切手1988~1992

ソウルの郵便局員が帰国した留学生に4年間送ってくれた  音楽プロデューサーの戸田志香(とだゆきこ、ペンネーム)さんは、30年以上、大事に保管してきた記念切手がある。1980年代、韓国歌曲を学ぶために留学した際、偶然出会った明洞にある中央郵便局の職員、林昌秀さんから、戸田さん帰国後に送られてきた90種以上の切手だ...

2020-08-14

ひと夏の思い出づくり…千葉と佐賀でオリニ交流

オリニ夏季学校で伝統文化に挑戦…千葉韓国教育院  【千葉】千葉韓国教育院(李淳任院長)は1日、千葉韓国会館で「オリニ夏季学校」を開催した。  この日は韓国語を中心とする普段の「土曜学校」と趣向を変え、伝統文化に慣れ親しむ特別カリキュラム。ハングル書道とソグム(小笛)を...

2020-08-13

〒106-8585 東京都港区南麻布1-7-32
TEL : 03-3454 -4901 ~ 8  FAX : 03-3454-4614
© Copyright 2018 MINDAN. All Rights Reserved