最新ニュース リスト

ジムトレーナー講師にセミナー…青年会東京本部

 青年会東京本部(鄭昌晃会長)は2日、東京・港区の韓国中央会館で生活習慣病の予防を主な目的とした「在日同胞青年セミナー」を開催した。  講師は静岡県浜松市で予約制プライベートパーソナルジム「JUNGLEGYM」を運営する朴健一さん(28)と理学療法士の国家資格を持つトレーナーの鈴木沙彩さん。約2時間余、食習慣の改善をアドバイスし...

2022-07-03
2022-07-03

青商連が「ハウスドゥ」社長招き「ビジネスセミナー」

 在日韓国青年商工人連合会(宋泰志会長)は1日、東京・港区の韓国中央会館に株式会社ハウスドゥホールディングスの安藤正弘社長(57、本店=京都)を招き「ビジネスセミナー」を開催した。  ハウスドゥ(HOUSE DO)はフランチャイズ事業とハウス・リースバック事業で急成長している不動産業界大手。今年6月期決算によれば、売上291・6...

2022-07-02

新会長に宋泰志氏…在日韓国青商連合会総会

 【山口】在日韓国青年商工人連合会(朴永鎮会長)は6月25日、下関市内のホテルで第42期定期会を開催し、新会長に山口の宋泰志氏(45、前国際委員会担当副会長)を選んだ。  第42期のスローガンは「青年同志たちよ!今こそ会おう」。青商会員間の交流と、各地区でのチャリティーコンペや講演会を通じて会員拡充をめざす。今後の運営にあたって...

2022-07-01

「江戸時代の朝鮮通信使」アンコール企画展…高麗博物館

ユネスコ世界の記憶遺産登録から5年を記念  朝鮮王朝から徳川幕府に派遣された外交使節「江戸時代の朝鮮通信使(260年続いた平和の善隣関係)」をテーマにした2022年企画展が5月4日から東京・新宿の認定NPO法人高麗博物館で始まった。9月4日まで。  当初、19年12月から20年5月...

2022-07-01

熱中症予防へ韓国語など多言語注意報…横浜南消防署

  【神奈川】梅雨明けで厳しい暑さが続く6月28日、市内でも比較的外国人居住者の多いことで知られる南区で多言語による熱中症予防キャンペーンがあった。横浜市消防局南消防署が同区内の横浜橋通り商店街と連携した。  キャンペーンでは外国籍の消防団員が在籍する南消防団から「外国人防災指導チーム」が出動。日本語のほか英語、中国語...

2022-07-01

金浦-羽田路線が再開で両空港に活気戻る…人的交流も活発化へ

 「3年ぶりの帰郷、両親に会って」  ソウルの金浦空港と東京の羽田空港を結ぶ、航空路線が6月29日、2年4カ月ぶりに再開し、金浦、羽田両空港ともに活気が戻った。ピーク時には、韓日の首都を結ぶ最短路線として、週84往復が運航されていたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で運航を停止して...

2022-06-30

韓日関係改善努力に謝意…民団主催で姜大使の歓送会

 姜昌一駐日韓国特命全権大使の民団主催の歓送会が21日、都内のホテルで開かれ、首都圏を中心に中北地協、近畿地協の民団と傘下団体役員、韓人会関係者ら60余人が参加し、姜大使との別れを惜しんだ。  姜大使が赴任したのは2021年1月22日。新型コロナウイルス感染拡大に加え、韓日関係が最悪と言われる中だった。

2022-06-23

日本の協力得て発展を…崔潤大韓ラグビー協会長に聞く

 民団中央本部の顧問でもある在日同胞3世の崔潤氏が昨年7月、大韓ラグビー協会の会長に就任し、「日本の協力も得ながら韓国ラグビーを発展させたい」と意気込みを見せている。  昨年の東京五輪で韓国はラグビーのセブンズ(7人制ラグビー)に出場したが、崔会長はラグビーだけでなく、韓国選手団の副団長を務め、全選手への後方支援を行った。

2022-06-22

同胞高齢者に憩いの場…「サランバンみやぎ」開設

民団宮城本部  【宮城】75歳以上の高齢団員に憩いの場を提供する「サランバンみやぎ」が16日、仙台市の宮城韓国会館6階に開所した。コロナ禍で不自由な思いをしてきたお年寄りたちに感謝の気持ちを込めてなにか親孝行できないかと、民団宮城本部(李純午団長)が企画した。  この日、「韓国会館...

2022-06-22

〒106-8585 東京都港区南麻布1-7-32
TEL : 03-3454 -4901 ~ 8  FAX : 03-3454-4614
© Copyright 2018 MINDAN. All Rights Reserved