最新ニュース リスト

民団各地方、生活必需品を宅配中…マスク、消毒液、ティッシュ

 民団福島本部(金仁河団長)は品薄のトイレットペーパーとティッシュ、マスクを持って戸別訪問を続けている。  トイレットペーパーとティッシュは地方委員会で配ろうと、職員3人が3月から毎日、スーパーに足を運び、少しずつ買い置きしてきたもの。地方委が書面決議となったため、6日からあすか信組から届いたマ...

2020-04-24

共生社会実現へ在日が一翼…呉龍浩さんが16年振り返る

東大阪市外国籍住民施策懇話会、公募委員から座長就任まで  呉龍浩さん(民団大阪本部団長)が東大阪市外国籍住民施策懇話会第7期座長に選ばれ、野田義和市長から委嘱状を受けた。呉さんは2004年に第1期公募委員、4期は副座長、5期から在日としては初の座長を務めており、これでかつてない3期連続となる。委員就任から...

2020-04-24

着々と進む「書面決議」2020地方委・大会・総会…大半が今月中に

コロナ禍収束願う…原案可決だが方針遂行に不透明感も  2020年民団地方委員会・大会・総会が「書面決議」となり、各地方本部は対応を急いでいる。民団中央本部の示達以前に総会を終えた鳥取、沖縄、21日に書面で決議を終えた東京を除く全国46地方本部のうち、大半が今月末までに「書面決議書」の確認を終...

2020-04-24
2020-04-25 09:57:00

朝鮮通信使 善隣友好の径路を歩く<40>埼玉県(川越)

行総の感動「川越唐人揃い」に  昭和の香りがする、川越の喫茶店の壁に「川越唐人揃い」のポスターが、貼られていた。朝鮮通信使が通った街道沿いから離れたところでも「唐人」の冠のつく通信使を真似た祭りが、日本のあちこちで開催されている。  唐人とは、今で言う中国ではなかった。異国、...

2020-04-23

韓信協「同胞へ支援展開」…民団がつなぎ資金を要望

コロナ対策でトップ会談 返済猶予や金利優遇  新型コロナウィルス感染拡大の影響で同胞の事業体への影響が深刻化しているが、民団中央本部の呂健二団長は9日、韓信協(在日韓国人信用組合=呉龍夫会長)の呉会長と面談し、同胞企業体に対する円滑なつなぎ資金の供給、元金返済猶予などの支援を求めた。あわせて近畿産業信用組...

2020-04-11

藤本巧さんに土門拳賞…本紙に「朝鮮通信使」連載中

写真集「寡黙な空間」日本人移住の漁村とハンセン病医を追う  「写真界の直木賞」と称される「土門拳賞」(毎日新聞社主催、協賛・ニコン、ニコンイメージジャパン、東京工芸大学)の第39回受賞作品に本紙「朝鮮通信使 善隣友好の径路を歩く」連載中の写真家、藤本巧さん(70)の写真集『寡黙な空間 韓国に移住した日本人漁民と...

2020-04-10

新型コロナ民団の文化事業も直撃…韓国語講座軒並み延期、「3密」で土曜学校も

 4月の新年度とともに各地でスタートする予定だった韓国語講座、オリニ土曜学校などが軒並み延期に追い込まれている。新型コロナウイルスの感染症予防のため3密(密閉、密集、密接)を避ける措置だ。特に受講生が多く集まる都市部でこの傾向が強い。一部実施する地域でも席と席の間隔をあけ、通風をよくするなど神経をつかっている。 ...

2020-04-10

韓日友好へ処方箋…知韓派牧師が体験的韓国論出版

 韓日関係悪化の起源は韓国人蔑視で侵略を正当化しようとした明治政府以来の誤った政策にある‐。牧師の立場から韓国のキリスト教について研究してきた鈴木崇巨さん(78、東京・品川)が導き出した結論だ。韓国に対する偏見を捨て、事実を事実として認めるところから新しい道が開けると説く『君は韓国のことを知っていますか?』を出版した。  日本人...

2020-04-10

国会議員在外選挙、日本での投票率8.1%増… 国別で最多1万人超

 4月6日に締め切った第21代韓国国会議員選挙・在外選挙の投票数、投票率の結果が出た。中央選挙管理委員会の発表によると、在外有権者数17万1959人中、4万856人が投票し、投票率は23・8%だった。ただ、新型コロナウイルス感染拡大のため55カ国91カ所の投票所が閉鎖したことで8万7269人が投票できなかったことから、実際の有権者数は8万4690人で、この有...

2020-04-10

〒106-8585 東京都港区南麻布1-7-32
TEL : 03-3454 -4901 ~ 8  FAX : 03-3454-4614
© Copyright 2018 MINDAN. All Rights Reserved