コラム・特集 リスト

時のかがみ「国立慶州博物館」荒木潤(翻訳・執筆業)

解説ボランティアで様々な出会いを経験 荒木 潤 (翻訳・執筆業)  私が慶州へやって来て、9年になる。当初は学術研究のための滞在のつもりだったが、結局いついてしまった。これまで慶州で研究活動やカレー屋の運営の外、様々な活動をして来たが、特に印象に残るものとして、2013年から約4年間行った国立慶州...

2020-03-11

趙善玉の「飲食知味方の世界」チュンベギ

掲げ蜂蜜菓子  今回で「飲食知味方」のコラムは終わります。  最後の料理は、朝鮮時代にも人気だった油密菓(ユミルグァ)の一種「チュンベギ」です。油密菓とは、小麦粉や米粉をこね、油で揚げて蜜をつけたものを指します。  『飲食知味方』には「チュンベギ」の材...

2020-03-11

朝鮮通信使 善隣友好の径路を歩く<38>栃木県(小山、宇都宮)

韓国の「倭城」思わせる「小山城址」  朝鮮通信使は栗橋で昼食を取り、日本橋から数えて12番目の宿場・小山(おやま)で泊まっている。残念ながら「小山宿」の所在は曖昧で、現在の小山市役所辺りとしか分からず、遺構は残されていない。  私は「小山城趾(別名祇園城)」まで足を延ばしてみ...

2020-03-11

時のかがみ「 BTS世界を席巻」 桑畑 優香(ライター・翻訳家)

「新しい文化の誕生」 英国の研究会で実感  K‐POPの現場を取材する中で、不思議だったことがある。今年1月、アメリカで開催されたグラミー賞のステージで、韓国アーティストとして初めてパフォーマンスを披露し、昨年は全世界で206万人を動員したツアーを成功させたBTS。なぜ人々はアジア...

2020-02-27

朝鮮通信使 善隣友好の径路を歩く<37>(茨城・古河宿)

「日光道中絵図」から往時をしのぶ  日光街道に沿って「栗橋宿」周辺を歩く。この地名の「橋」は、利根川に架かる「橋」に由来すると連想した。しかし資料には、侵入者(敵)から「江戸」を守るため、幕府は利根川のような大河には、橋を架けることを許可しなかった。さらに交通の要地ということで、川の両岸に...

2020-02-27

趙善玉の「飲食知味方の世界」ヤチュンピョンポッ

生地を発酵させて  今回ご紹介する「チュンピョンポッ」は蒸し餅です。現代でも人気のあるお餅で、市場でもおばさんたちが売っています。伝統的な作り方としては米粉にマッコリを入れて作りますが、時間も手間もかかるので、細かい顆粒状のイーストを使う方が増えています。  『飲食...

2020-02-27

【寄稿】「6・15」20年「朝日、日経、産経3紙に問う」

■第1回南北首脳会談から20年  「大誤報」放置の朝日、日経、産経3紙に問う  20年前の2000年6月、歴史的な初の南北首脳会談のために金大中大統領(当時)が平壌入りした模様は、韓国のテレビを通じて全世界に生中継された。日本でこの生中継を見た限りでは、平壌郊外の順安空港でも、市内...

2020-02-19

時のかがみ「やきもきと 心せくな」津川泉(脚本家)

マッコリが呼んだ 忘れがたき邂逅  マッコリを呑むたびに口をついて出る唄がある。  マッコリが呼んでいる  ピンデトクが呼んでいる  棚の焼酎瓶が踊る  ピンデトクがにっこり笑ふ ...

2020-02-13

趙善玉の「飲食知味方の世界」ヤンスク

ハチノスを柔らかく  皆さんは牛の胃がいくつあるかご存知ですか。  なんと4つもあるのですよ。第1の胃をミノ、第2の胃をハチノス、第3の胃をセンマイ、第4の胃をギアラと呼びます。日本の皆さんも焼肉屋などで、これらの名前を聞いたことがあると思います。  ...

2020-02-13

朝鮮通信使 善隣友好の径路を歩く<36>(牛窓のお茶屋跡、栗橋関所跡)

町の開発で資料と風景に齟齬  文献に基づいて「朝鮮通信使の痕跡」を巡り撮影をしてきたが、町の開発によって資料と風景が合わないことはよくある。  岡山県の牛窓のお茶屋には、通信使の三使が5回も宿泊したという。その由緒ある建物は今はないが、建物の土台になった石が残っているらしい。...

2020-01-29

〒106-8585 東京都港区南麻布1-7-32
TEL : 03-3454 -4901 ~ 8  FAX : 03-3454-4614
© Copyright 2018 MINDAN. All Rights Reserved