法律相談Q&A

在日同胞の、在日同胞による、在日同胞のための生活者団体


法律相談Q&A 内容

掲載日 : [21-08-04]   照会数 : 354

売掛金回収…仮差押えは周到に準備

Q

 私は中小企業の経営者です。取引先からの支払が遅れたため、取引先との間で、今後の支払のスケジュールを確認しました。しかし、取引先からの支払は予定どおりになされず、最近では取引先の社長との連絡も取りづらくなっています。

 取引先に対する売掛金を回収するためには、どうしたらよいでしょうか。
 

A

 あなたの会社の取引先に対する売掛金を回収するためには、弁護士に相談して、以下の方法を取ることが多いと思われます。

◆まずは内容証明郵便
 まずは、取引先に対して内容証明郵便により、支払期限を切って売掛金の支払を請求します。取引先が支払に応じれば、この段階で売掛金を回収することができます。

 次に取引先が支払に応じない場合には売掛金の支払を求める訴訟を提起します。訴訟では売掛金債権が発生していることの証明や取引先の主張に対する反論などをすることになります。

 裁判所が判決であなたの会社の請求を認め、取引先がこの判決に対して控訴をしなければ、判決が確定します。確定した判決に従って、取引先が支払をすれば、この段階で売掛金を回収することができます。それでも取引先が支払わない場合には、債権や不動産を差し押さえるなど強制執行をしなければなりません。

 しかし、内容証明郵便を送付し、訴訟を提起して判決が確定するまでには、当然、時間がかかります。その間に取引先が資産を隠したり、費消したりすると、いざ強制執行をする時に、取引先に資産がないという事態が起きることも考えられます。それでは強制執行ができず、せっかく勝ち取った判決は、絵に描いた餅になってしまいます。

◆取引先の資産を確保
 そこで、判決を勝ち取り、強制執行をする場合に備え、取引先が債権や不動産などの資産を隠匿したり費消したりできないように、その資産の現状を維持して、取引先の資産を確保しておく必要があります。そのために認められている方法が、「仮差押え」です。

 仮差押えは、債務者に察知されないように速やかに行われなければ、債務者に資産を隠されるなどの準備をされてしまいます。このため、仮差押えをする場合には、内容証明郵便による請求をせずに、速やかに仮差押えをした上で、訴訟を提起することになります。

 仮差押えは、あくまでも将来の強制執行を保全するための手段ですので、仮差押えによって直ちに債権回収ができるものではありません。

 仮差押えが認められても、訴訟提起・判決・強制執行の手続が必要となりますし、仮差押えをしても、他の債権者に優先して支払を受ける権利が認められている訳ではありません。

 また、取引先の金融機関に対する預金債権を仮差押えすることは、取引先の息の根を止めかねないため、他に不動産等の資産がある場合には、預金債権の差押えは認められません。

 しかし、取引先が預金債権を差し押さえられた場合、取引銀行の信用を失うことを避けるため、直ちに全額の支払を申し入れてくることもあり、仮差押えの段階で、内容証明郵便、訴訟、強制執行の手続を経ることなく、債権全額を回収できることもあり得ます。

 このように、仮差押えにより債権回収まで一気に実現できることもあります。ただ、仮差押えでは債務者に察知されないように手続を進めるに当たり、あなたの会社が取引先に売掛金債権を有していること、仮差押えをする必要性があることを裁判官に理解させられるだけの説得的な資料が必要となりますので、弁護士と準備をする必要があります。
弁護士 崔宗樹
 

法律相談Q&A リスト

  [total : 28] ( 1 / 1 )
番号 タイトル カテゴリー
28 日本の公務員、韓国籍では…「権力的」公務員には制限 国籍
27 国籍が違う夫婦の離婚…どちらの法に拠るか注意を 結婚
26 売掛金回収…仮差押えは周到に準備 ビジネス
25 隣家の木の枝越境してきた…勝手に枝を切れません 生活情報
24 性犯罪被害と匿名性…不安解く手立て様々に 生活情報
23 コロナ理由の休業とアルバイトの補償…正社員と同等に ビジネス
22 コロナ禍の従業員の解雇…4つの要件満たす必要 ビジネス
21 2重国籍の選択…成人になった時の意思に 国籍
20 突然の賃貸解約通知…「正当事由」あるかの争いに 不動産
19 主権免除について…「絶対」から「制限免除」へ ビジネス
18 韓国保有財産から借金の回収方法は…韓国の裁判所に提訴 生活情報
17 賃貸物件修繕と改正民法の関係…貸借人の権利が明文化 不動産
16 受遺者が先に死去...「予備的遺言」の活用を 相続
15 単純承認と限定承認 …財産管理人選任と清算手続きを 相続
14 韓国に相続人、遺産分割は …家裁に調停申し立ても 相続
13 不倫と離婚…婚姻費用の請求が可能 結婚
12 相続登記 遺言書の有無で大きな差 相続
11 残業代の請求…証拠の確保が重要 ビジネス
10 店舗賃料の減額請求…まず「民事調停」申し立て ビジネス
9 簡易裁判所で少額訴訟 貸した10万円 返してもらう 財産
8 死後認知、速やかに訴訟提起を 相続
7 相続人が不明な財産…所有権を「時効」により取得 相続
6 遺言のメリット…日本法での相続が可能に 相続
5 韓日国際結婚と姓名 選択肢は多数…家族で相談を 結婚
4 離婚 韓国人同士なら韓国法で 結婚
3 相続放棄と限定承認…限定承認で債務負担回避 相続
2 婚姻届=韓日どちらの役所でも 結婚
1 相続=紛争の未然防止に遺言を 相続
〒106-8585 東京都港区南麻布1-7-32
TEL : 03-3454 -4901 ~ 8  FAX : 03-3454-4614
© Copyright 2018 MINDAN. All Rights Reserved